保険が適用されない審美歯科

日本では健康保険制度が整っていて、病院に診察に行くと実際の治療費の3割の負担で治療を受けることができます。
ただ、全ての治療に適用されるわけではありません。
最低限度の治療を保証するものなので、審美歯科などは保険が適用されない治療も多くあります。

例えば、保険診療でも前歯には白い差し歯を使うことができます。


銀を主成分にした金属の上に白いプラスチックを貼り付けた差し歯ですが、プラスチックは劣化して黄ばむ性質があります。



中に使われている金属のイオンが溶け出して、歯茎を黒くすることもあります。

審美歯科では、噛むと言う機能の回復の他に、見た目の美しさという審美面をプラスした治療を行います。


審美的な治療を行うことで、自信も回復することができますが、残念ながら保険は適用されません。
審美歯科で差し歯を作るときは、患者さんの歯の形や色を事前によく調べ、より自然できれいな差し歯を作ってくれます。


材質はプラスチックや金属ではなく、セラミックを使用します。


透明感のある材質で強度もあるので、耐久性に優れています。
劣化して変色することもないので、長期間きれいな状態で使い続けることができます。

今すぐ見つかるAmeba Newsの情報探しはこのサイトから初めてください。

保険の差し歯より治療費は高くなってしまいますが、その価値は十分にあります。

渋谷の審美歯科情報を厳選して紹介しています。

また、歯を白くするためのホワイトニングも保険が適用されません。

審美歯科ではより美しい口元にするために、ホワイトニング治療を行い、患者さんの明るい生活に寄与しています。