審美歯科と一般歯科の違い

歯科医院を訪れる患者さんは、お口の中に何らかのトラブルを抱えています。例えば、噛むと歯が痛んだり、冷たい物がしみる、歯茎が腫れたなどの悩みです。

口の中は、髪の毛が1本入ったことすら分かる、とても繊細な場所です。
歯が痛むというのは、間隔としても嫌なものですが、噛んだり話したりという機能にまで影響を及ぼします。

そこで、歯科治療は、患者さんの食べることや話すこという機能の回復のために治療を行います。


虫歯ができて歯が痛んでしまうなら、虫歯の部分を削り、銀歯を詰めることで噛む機能は回復します。

しかし、噛むことができても、銀歯では満足できないことがあります。口を開けて銀歯が見えてしまうのは、恥ずかしいと感じる場合です。

@niftyニュースを知りたいならこちらです。

銀歯で機能の回復という目的を達成するのが一般歯科ですが、審美歯科ではもう一段上の目的のために行います。審美歯科では機能の回復はもちろんですが、審美性の向上、つまり見た目を美しくする治療をすることで、心身共に健康を取り戻る治療を行います。



ですから、審美歯科では虫歯の治療に銀歯を使うことはありません。

白い素材で、できるだけ自然な見た目になるように治療を行います。

白い素材の中にも、プラスチックのような安い材料がありますが、変色したり、色が均一なので不自然な印象になってしまいます。

審美歯科では、セラミックという透明感のある材料で治療を行うことで、口の中にあってもどこを治療したか分からないレベルの治療をします。

渋谷の審美歯科選びであなたの手助けをします。